パソコンと画面
  • ホーム
  • ドメインパワーが低いと上位表示は難しい

ドメインパワーが低いと上位表示は難しい

パソコンを使用する人

検索エンジンの最大手であるGoogleは、サイトを評価する上でユーザー体験をもっとも重視しているといわれています。
検索エンジンのクローラーを巡回させることができれば、サイトの各記事をインデックス登録することができますが、それだけでは上位表示を実現することはできません。
検索エンジンからより良いユーザー体験を提供できる優れたサイトだと評価されてはじめて、上位にランクインすることが可能となります。
上位表示を実現するためには、キーワード選定を的確に行い、質の良いリンクをサイトに集めることが大切です。
そしてオリジナリティのあるコンテンツを充実させ、ユーザーにとって利用しやすい形で提供する必要があります。
さらにもう一つ、サイト評価に関わる要素としてドメインパワーが挙げられるでしょう。
新しいサイトを立ち上げる際、通常は新規ドメインを購入して利用する方が多くなります。
サイトのタイトルやコンテンツ内容に合わせた新規ドメインを使う、という形になるのが一般的でしょう。
しかしまったく新しいドメインには、運営歴がありません。
ドメインエイジが完全にゼロという状態からスタートすることになるため、検索エンジンからの評価もすぐには上昇しないのです。
新規ドメインであっても、適正にキーワード選定を行い長い時間をかけて信頼度を高めていけば、いずれは高評価を受けることができるでしょう。
しかし上位表示されるサイトの数には限りがありますから競合サイトも意識しなければなりません。
質の良いリンクを集めるなどSEO対策を丁寧に行っていてもなかなかアクセス数が増加しない、といった状態ではモチベーションも低下してしまうでしょう。
ドメインの信頼度や運営歴は、SEO対策によって即座に改善できるというものではありません。
ドメインパワーに関する問題を解決する方法の一つが、中古ドメインの活用です。
運営歴があり、検索エンジンからの信頼度が高い中古ドメインを活用すれば、開設時からドメインパワーを利用したSEO対策が行えます。
できるだけ早くサイトを軌道にのせたい、スムーズにアクセス数を増加させたい、そんな場合に最適な選択肢の一つが、中古ドメインの活用だといえるでしょう。
きちんと運用されていた経歴がある中古ドメインであれば、質の良い外部リンクも期待できます。
SEO対策にかかる手間を省き、スピーディーにサイトの評価を高めることができる、それが中古ドメインの利点です。
しかし、中古ドメインは中古という特性上、リスクを生じるものです。
専門知識がない場合は失敗することもあるので、初心者の方は中古ドメインを専門の販売屋で買うことをオススメします。