パソコンと画面
  • ホーム
  • Googleからペナルティを受けてしまう隠しリンク・テキスト

Googleからペナルティを受けてしまう隠しリンク・テキスト

色々なSNSのサイト

SEO対策は、適切に行えばサイトに大きなプラス効果をもたらします。しかし誤ったやり方をしてしまうと、検索順位の低下など様々なマイナス要素を招くこともあるため注意が必要です。
Google検索エンジンは定期的にアルゴリズムを更新し、よりユーザーにとって価値のあるサイトが上位表示されるよう調整を行っています。Googleのアルゴリズム更新として代表的なものが、ペンギンアップデートとパンダアップデートです。ペンギンアップデートとパンダアップデートは、検索順位に大きな影響をもたらします。
パンダアップデートはコンテンツの質からサイトを評価し、検索順位を判断するというものです。ペンギンアップデートは検索エンジンに対するスパム行為をチェックし取り締まるという内容になります。
ペンギンアップデートによってスパム行為のあるサイトだと見なされてしまうと、検索順位が下降するなどのペナルティを受けるかもしれません。厳しいペナルティとなった場合は、インデックスが削除され検索結果にページそのものが反映されない、という事態を招く可能性があります。
幅広く知られている検索エンジンスパム行為の一つとして、隠しリンク・テキストが挙げられるでしょう。文字色を調整し背景と同化させ、ブラウザ上で確認できない状態にして検索エンジン対策を行うといった手法です。背景と同化させる以外にも、フォントサイズを過剰に小さくしたり、画像で文字を隠すといった方法があります。いずれの場合も、通常のブラウザでユーザーが目視できない状態となってしまうため、スパムとみなされる可能性が高い行為です。Google検索エンジンによって検索エンジンスパム行為と判断されれば、ペナルティを受けることになります。
隠しリンク・テキスト以外にも、スパムとして認定されてしまいやすい行動として、キーワードの詰め込みすぎが挙げられます。一つの見だしタグ内に何度も同じキーワードを入れている、といった状態は過剰SEOとみられる可能性があるため、注意が必要です。見だしタグ内に何度も同じキーワードを入れても、SEO効果は期待できません。ペナルティによって悪影響を受けるリスクがありますので、キーワードは適正な頻度で使用するようにしましょう。
スパム行為を行わず、適正なSEO対策をしていれば、検索エンジンはサイトをきちんと評価してくれます。隠しリンク・テキストによるSEO対策は避け、Googleが推奨している正しい施策を行いましょう。