パソコンと画面
  • ホーム
  • Googleからペナルティを受けてしまった場合の解除法

Googleからペナルティを受けてしまった場合の解除法

Google検索エンジンのペナルティには、手動と自動の二種類があります。もしもペナルティを受けてしまったら、まずは原因の確認を行うことが大切です。手動ペナルティを受けた場合、Googleが提供するウェブマスターツールのサーチコンソール上にメッセージが表示されます。そのサイトにどういった問題があるのか、ガイドラインのどの部分に違反しているのか、という内容がメッセージとして表示されますので確認しましょう。
自動ペナルティの場合、ウェブマスターツールのサーチコンソール上にメッセージが表示されることはありません。このため、ペナルティ対象となっていることに気が付かない場合もあります。サイトが突然順位下降した、アクセス数が急減したという場合には、ペナルティの可能性を考えて対策を行いましょう。
自動ペナルティは手動のものほど、厳しい内容ではないことがほとんどです。手動の場合、順位下降だけでなくインデックス削除といった対処が行われる場合もあります。インデックス削除になってしまうと、検索結果にまったく表示されなくなるため、早めの対処が必要です。
手動対策では、Googleから受け取ったメッセージ内容を元にしてサイトの改善を行うことになります。たとえば不自然または不適切なリンクがあると指摘された場合、サイトに対する被リンクの精査を行う必要があるでしょう。リンクサービスから購入された被リンクや、スパムサイトからのリンク等がこれにあたります。問題のある被リンクをすべて削除した後、サーチコンソールから再審査リクエストを行いましょう。再審査リクエストによってサイトへのペナルティが解除されると、解除メッセージが届きます。
再審査に通らなかった場合、否認のメッセージは届きません。サーチコンソール上の手動対策メッセージがそのまま残っている場合は、再審査に通らなかったということになります。
自動対策の場合、どの部分がガイドライン違反とみなされたのか確認することができないため、サイト全体をチェックする必要があるでしょう。コンテンツに問題はないか、サイトへの被リンクに不審なものはないか、隅々までチェックして自動対策をすればサイトの再評価を促すことができます。
自動および手動どちらのペナルティも、永続的なものではありません。再審査を要請しなくても、内容を改善していれば自然と解除される可能性があります。しかしアクセス数への影響が大きくなることも考えられますので、手動の場合は早めに対策をして再審査をリクエストしましょう。