パソコンと画面
  • ホーム
  • SEOに良いとされるアンカーテキストの作り方

SEOに良いとされるアンカーテキストの作り方

適切なアンカーテキストを使用したリンクは、SEOに良い効果をもたらします。検索エンジンのクローラーはリンクを辿り、アンカーテキストの内容を把握しながらサイト内を巡回しています。このためページのテーマに合ったアンカーテキストを指定していれば、検索キーワードに対するサイトの関連性を高めることが可能です。
アンカーテキストを最適化させるためには、長すぎない簡潔な文言を使用する必要があります。SEO効果を上げるため、いくつもキーワードを詰め込んでしまったり、数行にわたる長文をアンカーテキストに指定してしまうと、ユーザビリティの低下を招くことになるでしょう。ページのテーマを簡潔な文言で表現し、長すぎないアンカーテキストを指定することが大切です。
キーワードをいくつも重ねたようなアンカーテキストは、ユーザーに違和感を与えてしまいます。あくまでも自然なリンクとして見てもらえるよう、過剰なキーワードの詰め込みは避けましょう。わかりやすく簡潔なアンカーテキストはユーザーにとっても利便性が高いため、クリックされる確率も高まります。ユーザーに違和感を与えない自然なリンクの設置は、サイト内への滞在時間を増加させたり、回遊数を向上するといった効果も与えてくれるでしょう。
リンク先のページアドレスをそのままアンカーテキストに使用したり、漠然とした内容の文章を設定していると、SEO的には損になってしまいます。具体的な内容が書かれていないテキストは、クローラーに対しページ内容を的確に伝えることができません。ユーザーにとってもわかりにくい表記となりますので、なるべく避けたほうが良いでしょう。
リンクはテキストだけでなく、画像にも設置することができます。クリック率を高めるため立体感のあるボタン画像や、サムネイル画像を使用するケースも多いでしょう。
画像リンクでは、alt属性が重要な要素となります。クローラーは画像そのものを読み取ることができないため、その内容をalt属性に指定された語句から判断しているのです。また画像のalt属性は、SEO対策となるだけでなく、視覚に障がいがある方への配慮にもなります。音声読み上げソフト等を使用してサイトを閲覧している場合、alt属性に指定された内容が文字情報として読み上げられることになるのです。ユーザビリティを向上するためにも、画像リンクを貼る際にはalt属性をきちんと指定しておきましょう。