パソコンと画面
  • ホーム
  • SEO対策をするならキーワードの難易度を調査してから行う

SEO対策をするならキーワードの難易度を調査してから行う

SEO対策を効率的に行うためには、キーワードの選定をする際に難易度をチェックすることが大切です。大きな検索ボリュームを持つビッグワードは、検索される頻度が高いため絶大なアクセス数が期待できます。しかし検索ボリュームが大きければ大きいほど競合相手の数も増加するため、上位表示が難しくなってしまうのです。検索される頻度が低いキーワードなら、ライバルも少なくなりますから上位表示されやすくなります。しかし上位表示の難易度が低くても、ほとんど検索されない状況ではアクセス増加が期待できません。それぞれのキーワードについて検索ボリュームと難易度を比較し、集客を実現できるかどうか、という観点から選定を行いましょう。
オーガニック検索のキーワード難易度をチェックするなら、キーワードプランナーを利用するのがおすすめです。キーワードプランナーを活用すれば、検索ボリュームや関連キーワードに関する様々な情報を調査することができます。
ビッグワードで検索上位を狙うのは非常に難しくなりますが、複合キーワードを組み合わせてターゲットとすれば、難易度を下げることができます。最適な複合キーワードを選定するためには、メインとなるキーワードがどんな関連キーワードと一緒に検索されているのか、という情報を調べる必要があります。
キーワードプランナーなら、関連キーワードを組み合わせた形で月間平均検索ボリュームを調査することが可能です。メインターゲットとしたいキーワードにどんな語句を組み合わせてターゲットとするべきか、それぞれの難易度はどの程度か、という部分を詳しく調べることができます。
キーワードプランナーにはフィルタ機能も備わっており、競合性の低いキーワードのみをチェックすることが可能です。同時に検索ボリュームを指定すれば、一定以上のボリュームがあるキーワードの中で、競合性が低いものだけを選び出すことができます。ボリュームと競合性のバランスをチェックし、検索上位表示を実現できそうなキーワードを選ぶと、効果的にSEO対策を行うことができるでしょう。
一般的なサイトのアクセス流入元は、オーガニック検索が大きな比率を占めるといわれています。キーワード選定を的確に行っているかどうかが、アクセス数に大きく影響するのです。オーガニック検索に対しSEO対策をしっかりと行い、サイトをキーワードに対して最適化することができれば、効果的にアクセス数を増加させることができるでしょう。