パソコンと画面
  • ホーム
  • SEO的にタイトル修正はリスクがあるので注意

SEO的にタイトル修正はリスクがあるので注意

パソコン

記事やコンテンツがなかなかなかクリックされない、アクセス数が増えないといった場合、タイトルを修正することで状況が改善される可能性があります。タイトルはユーザーが最初に目にする要素ですから、この部分に問題があると記事の内容が優れたものであっても、アクセスが集まりにくくなるのです。
しかしタイトル修正には、SEO的なリスクも存在しています。同じ記事のタイトルを何度も変更してしまうと、検索エンジンから過剰なSEO対策と判断され、順位降下を招く可能性もあるのです。
記事内容に即したタイトルへ変更したり、検索されやすいキーワードを意識して改善を行えば、検索順位が上昇する場合もあります。元のタイトルにキーワードが入っていないなど、問題があった場合には、改善によってアクセス数の増加が期待できるでしょう。
ただSEO効果だけを狙って頻繁に変更を行ったり、記事内容に合っていないタイトルをつけてしまうと、順位降下のリスクが生じます。また獲得したユーザーからの信頼を低下させてしまい、リピーターを逃してしまうかもしれません。タイトル修正は、本当に必要な場合にのみ行った方が良いでしょう。
タイトル修正をするべきか迷った場合には、アナリティクスのデータを参照するのがおすすめです。アナリティクスを利用すれば、ページ別のアクセス数を簡単に比較することができます。他のページより明らかに獲得したユーザー数が少ない、クリックされていないページについては、一度タイトルの見直しを行ってみると良いでしょう。
適正なタイトル修正であっても、変更直後のタイミングには検索順位が少し降下する可能性があります。これは一時的な降下であり、検索エンジンによって再評価が行われれば、やがて適正な順位へランキングされます。
タイトル修正によってSEO効果が得られる場合もありますが、必ずしも順位が向上するとは限りません。アクセスが集まりにくい要因がタイトル以外の部分にあるとすれば、修正をしてもほとんど変化は得られないでしょう。過度な変更はリスクも伴いますから、タイトル修正の際にはなるべく慎重になる必要があります。
タイトルを改善するのに最適なタイミングは、記事投稿前でしょう。投稿前であれば、何度修正を繰り返しても検索エンジンから低評価されるリスクはありません。タイトルに魅力があるか、コンテンツとマッチしているかという点を投稿前にしっかりとチェックしておくことが大切です。